○新島村立保育園処務規程

昭和49年3月28日

規程第1号

(掌理事項)

第1条 新島村立保育園(以下「園」という。)は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)の規定に基づき、乳児又は幼児の保育に関する事務を掌る。

(職員)

第2条 園に次の職員を置く。

(1) 園長

(2) 主任保育士

(3) 保育士(保育士助手を含む。)

(4) その他の職員

(任命)

第3条 園長、主任保育士、保育士その他の職員は、村長が任命する。

(職員の職務)

第4条 園長は、園務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 主任保育士は、園長の命を受け園務を掌理し、乳幼児保育に従事する。

3 保育士は、上司の命を受け保育事務に従事する。

4 その他の職員は、上司の命を受け、給食作業その他の園務に従事する。

(報告等)

第5条 園長は、次の各号に掲げる事項が生じたときは、直ちに村長に報告しなければならない。

(1) 入所児童が、児童福祉法第24条の規定に該当しなくなったとき。

(2) 前号のほか、特に必要があると認めるとき。

(休園日及び保育時間)

第6条 園の休園日及び保育時間は、次のとおりとする。ただし、村長は事情により休園日又は保育時間の変更をすることができる。

(1) 休園日

新島村職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例(昭和48年新島本村条例第18号)第8条及び新島村職員の勤務時間、休日及び休暇等に関する条例施行規則(昭和53年新島本村規則第5号)第7条による。

(2) 保育時間

午前8時から午後4時まで

(備付帳簿)

第7条 園長は、園に次の帳簿を備え、常に整理しておかなければならない。

(1) 職員出勤簿

(2) 児童出席簿

(3) 保育日誌

(4) 児童票

(5) 日課日程表

(6) 備品台帳

(7) その他園長が必要と認めた帳簿

(規程の準用)

第8条 この規程に定めるもののほか、新島村組織規則(平成5年新島村規則第3号)を準用する。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和49年4月1日から適用する。

附 則(昭和60年規程第1号)

この規程は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(平成14年訓令第9号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年訓令第1号)

この訓令は、公布の日から施行する。

新島村立保育園処務規程

昭和49年3月28日 規程第1号

(平成15年3月4日施行)

体系情報
第8編 厚  生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
昭和49年3月28日 規程第1号
昭和60年3月19日 規程第1号
平成14年4月1日 訓令第9号
平成15年3月4日 訓令第1号