○にいじま漁業協同組合経営基盤安定化資金貸付要綱

平成27年6月1日

要綱第4号

にいじま漁業協同組合経営基盤安定化資金貸付要綱(平成17年新島村訓令第2号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、新島村が、にいじま漁業協同組合(以下「漁協」という。)に経営基盤安定化を図るための資金(以下「資金」という。)を貸し付けるため、必要な事項を定めることを目的とする。

(貸付限度額)

第2条 貸付限度額は、5,000万円とする。

(貸付方法)

第3条 資金の貸付の方法は、証書貸付によるものとする。

(貸付条件)

第4条 資金の貸付条件は、次の各号に定めるところによる。

(1) 貸付利率は、無利息とする。

(2) 償還期限は、12年とする。(ただし、据置期間を2年間とする。)

(3) 償還方法は、均等年賦償還とする。

(4) 貸付金の償還期日は、3月30日とする。

(5) 延滞利息は、延滞元金につき年10%とする。

(6) 村長が特に必要と認められる条件とする。

(借入の申込)

第5条 漁協は、資金を借り入れるため、次の各号に掲げる書類を新島村に提出するものとする。

(1) 借入申請書(様式第1号)

(2) 償還計画書(様式第2号)

(3) 前号に定めるもののほか、新島村が必要と認める書類。

(貸付の決定)

第6条 新島村は、借入の申し込みを受けたときは、貸付の可否及び貸付額を決定し、その旨を通知するものとする。

(貸付金の交付)

第7条 前条の規定により、貸付の決定を受けた漁協が、貸付金の交付を受けようとするときは、請求書(様式第3号)を新島村に提出しなければならない。

2 新島村は、前項の規定による請求書の提出があったときには、速やかに貸付金を交付するものとする。

3 貸付金の交付を受けた漁協は、直ちに借用証書(様式第4号)を新島村に提出しなければならない。

4 新島村は、第2項に規定する資金交付後、償還年次表を作成し、これを漁協に送付するものとする。

附 則

この要綱は、平成27年6月1日から施行する。

様式 略

にいじま漁業協同組合経営基盤安定化資金貸付要綱

平成27年6月1日 要綱第4号

(平成27年6月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 水  産
沿革情報
平成27年6月1日 要綱第4号