○新島村児童福祉施設設置条例

昭和43年3月20日

条例第17号

(設置)

第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第35条第3項の規定に基づき、新島村に居住する乳幼児(小学校就学の始期に達するまでのものをいう。以下同じ。)を保護し、その健全なる育成を図るため保育所を設置する。

(名称及び位置)

第2条 保育所の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

新島村立新島保育園

東京都新島村本村四丁目11番14号

新島村立式根島保育園

東京都新島村式根島246番地

(入所人員)

第3条 保育所の入所定員は、次の人員とする。

新島村立新島保育園 100名

新島村立式根島保育園 30名

(職員)

第4条 保育所に園長及びその他の必要な職員を置く。

(保育の実施基準)

第5条 保育所への保育の実施は、新島村保育の必要性の認定に関する規則(平成26年新島村規則第13号)の規定により、保育の必要性が認められる場合に行うものとする。

(入所の申込)

第6条 保育所に乳幼児の保育を委託しようとするときは、村長に申込み許可を受けなければならない。

(入所の拒絶)

第7条 乳幼児が次の各号の1に該当する場合には、村長は入所を許可しないことができる。

(1) 伝染性疾患を有する場合

(2) 身体虚弱のため保育に堪えない場合

(3) 精神病又は悪癖を有する場合

(4) その他村長が不適当と認める場合

(保育料)

第8条 村長は、第5条により保護者の委託を受けて保育を行ったときは、月額75,000円を超えない範囲で新島村児童福祉施設設置条例施行規則(昭和48年新島村規則第1号。以下「規則」という。)で定める額(以下「保育料」という。)を、本人又は扶養義務者から徴収することができる。

(保育料の減免)

第9条 村長は、特別な事情があると認めたときは、規則で定めるところにより保育料の減額、又は免除することができる。

(入所の取消)

第10条 乳幼児又は保護者が次の各号の1に該当する場合には、村長は入所の許可を取り消すことができる。

(1) 第5条に該当しなくなった場合

(2) 第7条各号に該当するに至った場合

(3) 保護者がこの条例又はこの条例に基づく規則に従わない場合

(4) 保護者が村長が行う保育の指示に従わない場合

(規則への委任)

第11条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和47年条例第10号)

この条例は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和48年条例第11号)

この条例は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和51年条例第2号)

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和51年条例第20号)

この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年条例第4号)

この条例は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年条例第5号)

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年条例第10号)

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成4年条例第1号)

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成7年条例第9号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成10年条例第9号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成27年条例第12号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年条例第21号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

新島村児童福祉施設設置条例

昭和43年3月20日 条例第17号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 厚  生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
昭和43年3月20日 条例第17号
昭和47年3月27日 条例第10号
昭和48年3月26日 条例第11号
昭和51年3月15日 条例第2号
昭和51年12月22日 条例第20号
昭和53年3月15日 条例第4号
昭和57年3月11日 条例第5号
昭和62年3月17日 条例第10号
平成4年2月25日 条例第1号
平成7年3月31日 条例第9号
平成10年3月31日 条例第9号
平成27年3月31日 条例第12号
平成27年12月21日 条例第21号