○新島村勤労福祉会館設置条例

平成21年3月19日

条例第7号

(目的)

第1条 この条例は、主として勤労者の文化・教養及び福祉の向上を図るため、新島村勤労福祉会館(以下「会館」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 会館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

新島村勤労福祉会館

東京都新島村本村五丁目6番1号

(事業)

第3条 会館は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 会館施設の利用公開に関すること。

(2) 勤労者の文化及び教養の向上に関すること。

(3) 勤労者の健康の維持及び推進に関すること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、村長が必要と認める事業

(施設)

第4条 会館には、次の各号に掲げる施設(以下「施設等」という。)を置く。

(1) ボウリング場

(2) 多目的ルーム

(3) 集会室

(4) オーディオルーム

(5) 娯楽談話室

(6) 前各号に掲げるもののほか、村長が必要と認める施設

(休館日)

第5条 会館の休館日は、次のとおりとする。ただし、村長が必要と認めたときは、これを変更し、又は臨時の休館日を定めることができる。

(1) 1月1日から同月3日まで

(2) 12月29日から同月31日まで

(3) 毎週月曜日を休館日とする。(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める休日に当たる場合は、その翌日とする。

(開館時間)

第6条 会館の開館時間は午前9時から午後9時までとし、各施設の使用時間は、規則で定める。

2 村長は、特に必要があると認めたときは、前項の開館時間を変更することができる。

(使用料等)

第7条 施設等の使用料は、別表のとおりとする。

(使用料の減免)

第8条 村長は、特別の理由があると認めたときは、使用料を減額又は免除することができる。

(使用料等の不還付)

第9条 既に納付された使用料は、還付しない。ただし、村長が相当な理由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(使用の手続き等)

第10条 会館施設又は付帯設備を使用しようとする者は、規則に定めるところにより申請し、村長の承認を受けなければならない。

2 村長は、前項の承認に際し、必要な条件を付することができる。

(使用の不承認)

第11条 村長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の承認をしない。

(1) 第1条の目的に違反すると認められるとき。

(2) 営利を目的とすると認められるとき。

(3) 秩序又は風紀を乱すおそれがあると認められるとき。

(4) 会館の施設、設備等を損壊するおそれがあると認められるとき。

(5) 管理上支障があると認められるとき。

(6) 前各号に掲げる場合のほか、村長が特に必要があると認めたとき。

(使用承認の取り消し等)

第12条 村長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の承認を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止することができる。

(1) 前条各号のいずれかに該当するとき。

(2) この条例若しくはこの条例に基づく規則又は村長の指示に従わないとき。

(3) 災害その他の事故により施設等の使用ができなくなったとき。

(4) 工事その他の理由により、村長が必要と認めたとき。

(原状回復の義務)

第13条 使用者は、使用を終了したときは、直ちに施設等を原状に回復しなければならない。前条の規定により、使用の承認を取り消され、又は使用を停止されたときも同様とする。

(損害賠償の義務)

第14条 会館に、自己の責に帰すべき理由により損害を与えた者は、村長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、村長は、やむを得ない理由があると認めたときは、その額を減額又は免除することができる。

(委任)

第15条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成21年4月1日から施行する。ただし、新島村勤労福祉会館は、村長が別に告示する日から利用に供する。

別表(第7条関係)

種別

使用料

ボウリング場

300円/1ゲーム

集会室

卓球

300円/1時間

その他

500円/1時間(仕切板使用時は、300円)

多目的ルーム

無料

オーディオルーム

1,500円/1時間

娯楽談話室

無料

新島村勤労福祉会館設置条例

平成21年3月19日 条例第7号

(平成21年3月19日施行)