○東京都新島村が救急患者搬送に際しヘリコプター等に添乗する医師等に係る添乗手当支給要綱

平成2年4月1日

要綱第1号

(目的)

第1条 この要綱は、新島村内において発生した救急患者をヘリコプター等により搬送する際、添乗医師、看護師等に対する謝礼(以下「添乗手当」という。)を新島村が負担し、患者及び家族の経済的負担の軽減を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 「看護師等」とは、看護師、准看護師、助産師、保健師をいう。

(2) 「ヘリコプター等」とは、東京消防庁・警視庁のヘリコプター、自衛隊航空機海上保安庁航空機又は巡視船艇、民間航空機(チャーター機)、船舶をいう。

(対象範囲)

第3条 添乗手当は、新島村内において発生した救急患者をヘリコプター等により搬送する際、機内において必要な救急処置を行うため医師等が添乗した場合に、支払うものとする。

(支払対象者)

第4条 前条の場合による医師、看護師等とする。

(基準額及び対象経費)

第5条 基準額及び支払対象経費は、別表のとおりとする。ただし、村長が必要と認めた場合は、この限りではない。

(委任)

第6条 この要綱の実施について必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成14年訓令第3号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

別表(第5条関係)

区分

基準額

対象経費

民間病院

国・公立病院

医師

1人当たり 30,000円

1人当たり 15,000円

ヘリコプター等に添乗した医師等に添乗手当として、支払う金額

看護婦等

1人当たり 8,000円

東京都新島村が救急患者搬送に際しヘリコプター等に添乗する医師等に係る添乗手当支給要綱

平成2年4月1日 要綱第1号

(平成14年3月29日施行)

体系情報
第5編 給  与/第2章 給料・手当
沿革情報
平成2年4月1日 要綱第1号
平成14年3月29日 訓令第3号